新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > ブログ


 埼玉立てこもり事件
投稿:長野央希
先日、埼玉県内で医師の男性を人質として、自宅に立てこもり、少なくとも二人に傷害を加え、一人を殺傷したという事件が発生しました。
亡くなった医師の方は、その地域の訪問診療に、多大な貢献をされており、かなり人望、評判ともよろしいような方であったようで、その方の御家族にとってはいうに及ばず、その地域にとっても甚大な損失であると言わざるを得ません。
確かに、医療者と患者さんとの間に、十分な相互理解が得られず、不信感を抱かせるようなことも起きうるのが現実ではあります。とはいえ、不信感があるからと言って、こういった殺傷事件を起こすというのはもってのほかであり、許されない蛮行と言えます。こういった事象が増えてくれば、訪問診療そのものを放棄する医療機関も増え、結果的に地域医療の崩壊につながっていきかねないと思います。

今回の事件の犯人に関しては、詳細な部分がよく分かりませんので、あまり無責任なことも言えませんが、母親に対しての孝行の気持ちは篤いものがあったようではあります。その気持ちが過剰すぎることで、以前から周囲、4とりわけ医療機関との軋轢が繰り返されていたようです。
親への孝行は大事ではありますが、行き過ぎる場合、何か別の問題を抱えているような可能性も考えざるを得なくなります。
いわゆる親離れ、子離れが出来ているかどうかという問題です。
精神的に未成熟な親の場合に、子供が自分のもとを去ることに対する寂しさに耐えられないで、子供の独立を阻んでしまうようなケースがしばしば見受けられます。また、子供が自分を頼ってくることで、「人から必要とされている」という気持ちが、自分の存在意義を確認できるという安心感につながっている場合もあります。
一方で、子供が親離れをすることは絶対的に必要不可欠なことであるものを、それがなされないということ自体が不自然であり、結果的に子供の精神的かつ社会的な成長をストップさせてしまい、未成熟なまま、年齢を重ねるという事態に陥ってしまうと言えます。
また、現代社会において、自己愛(所謂ナルシシズム)の問題も重大であります。自分や自分の仲間と言えるものを愛する気持ちは必要です。自分を愛せなければ、他人も愛することは難しくなります。しかし、その自己愛が過剰となると、自分や自分の仲間を侮辱された、あるいは傷害を加えられたと認識した場合、一気に他者への攻撃性が増してしまう傾向があります。
特に、自分の殻に閉じこもるような状況の場合、このような自己愛が肥大化していってしまいかねません。
今回は、こういった自己愛が他人から傷つけられたと認識して、このような犯行に至ってしまったのではないかと思えてなりません。
先月の大坂のクリニック放火事件も、根は同じなのかもしれ前ん。
自己愛の問題は、恐らく、これからいっそう多様な問題を起こしてくる可能性があります。パソコン社会となり、人間同士の直接的な接触が少なくなれば、なるほど、自分の殻に閉じこもり、社会性が失われ、いびつに肥大化した自己愛が顕在化していくのではないかと危惧しています。

このような親離れ子離れの問題や自己愛の問題が、社会の基盤を崩壊させていくことになりかねないという漠然とした不安と恐怖を感じています。

2022年1月31日(月)

 業務連絡
投稿:長野 央希
新型コロナウイルスワクチン三回目接種を、1/24〜開始してまいります。
現在、発熱外来の混雑の問題もあり、可能であれば、ワクチン接種目的で来院される方は、第二駐車場の方へお車を停めていただければ幸いです。

2022年1月18日(火)

 雨ニモマケズ
投稿:長野央希
新年になり、ここにきて新型コロナ感染者数が増加傾向にあります。都内や大阪などの大都市で急激に増加している状況からすれば、当然、その他の地域でも感染者数はさらに増加してくることが想定されます。
正直なところを申せば、韓国や欧米での感染者数の急増を受けて、日本でも12月中には第6波が来るだろうと考えておりました。しかし、その予想は外れましたが。
また、オミクロン(Ο)株の話題が多くはなっておりますが、Ο株の特徴を見ていると、大分、風邪コロナに近くなっているような印象を個人的には受けております。Ο株やあるいは次世代の変異株が感染の主体となってくることで、ほぼ風邪コロナと同化していき、新型コロナとしての感染は終息に向かうのではないかと考えています。(個人的かつ、ある面では希望的な観測にはなりますが)
少なくとも、此れまでの歴史で、ある感染症がどのように流行し、どうやって終息していくのかを、継続的に観察し得たことがありませんでしたので、今回の新型コロナ感染は、非常に貴重な科学的観察であると同時に、感染症の歴史における重要な1ページを記せることになるのだと思います。
ただし、来るべき第六波を、うまく乗り切ることが極めて重要なのは言うに及びません。三回目のワクチンの準備も進めつつ、治療としてのカクテル抗体療法や内服での抗ウイルス治療の早期の充実を図ることが非常に重要です。内服での治療が功を奏するのであれば、当然入院者数を減少させることにもつながり、医療ひっ迫を予防できるわけですし、これ以上の経済的なダメージを増大させることへの抑止にもつながるのだと思います。

さて、昨年11,12月は発熱外来受診者数も減少しており、ある意味平和な状態でしたが、年始になり、やはり、発熱外来受診希望者が増加しております。私は2020年7月から発熱外来を行っておりますが、一年以上を通して、屋外での発熱外来を経験し、日本の四季の多彩さを痛感させられております。7〜9月にかけて、うだるような暑さの中、手が震えたり、意識がもうろうとするような熱中症の手前の状態で働いておりましたし、最近は寒波で、猛烈な海風にあおられたり、吹雪きが叩きつけてくるような状況で、何とか歯を食いしばって責務を全うしております。発熱外来の建物の中も、夏場は日中で46℃になりましたし、今は寒い朝だとマイナス2℃になります。
とは言え、かつての日本の兵隊がシベリアやガダルカナル、東南アジアで経験したことに比べれば、いかに甘えたことを言っているのだろうかと思い、頑張っている気がします。
そんな生活の中、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』の「雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ強イ体ヲモチ・・・」が、身に染みました。私は宮沢賢治よりも丈夫でいられるだけ幸せなのだなと実感しています。彼が現代に生きていたら、医療も栄養状態も格段に違う中で、もっと健康でいられたであろうと思うにつけ、わが身の置かれている環境を幸せに思わなければ、失礼だとすら思えてくるのです。

2022年1月7日(金)

 新年明けましておめでとうございます。
投稿:長野央希
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
1/3は午前中(9:00〜12:30)、発熱外来のみ行います。
1/4以降は通常通りの業務体制となります。
また、二月から三回目の新型コロナウイルスワクチン接種を開始してまいります。ワクチン接種券がお手元に届きましたら、ご予約をお受けいたしますので、宜しくお願い致します。基本的には予約は御電話にてお願い致します。
当院で一回目、二回目を接種された方に限らず、二回目まで県外でお受けになった方や、集団接種で受けたけれども、三回目の予約が取れないなどの方も接種予約をお受けいたしますので、御電話にて御相談ください。
尚、当院で行うワクチンの種類は、二回目までと同様、ファイザー社製になる予定です。(供給量の問題などで変更する可能性はあるかもしれませんが。新潟市の通達では、ファイザー社製になるとのことです。)

2022年1月2日(日)

 年末年始の当院の体制に関して
投稿:長野央希
年末年始の当院の体制
12/28まで通常通り
12/29 12:00まで
12/30発熱外来のみ(12時まで)
12/31〜1/2 休診
1/3 発熱外来のみ(12時まで)
1/4〜 通常通り
となります。宜しくお願い致します。

2021年12月24日(金)

 業務連絡
投稿:長野央希
インフルエンザワクチンに関してですが、ワクチンの若干量の追加がありましたので、10人程度の新規予約をお受けできます。御希望の方は電話にてご相談ください。
2021年12月14日(火)

 アジア
投稿:長野央希
今年は、発熱外来や新型コロナウイルスワクチンで、多くの外国人の人と接触する機会を持たせていただいております。大学や短大の留学生が、多くはワクチンで来院したり、あるいは自分が往診でワクチン接種をしたりしております。半数以上はアジア系の方々で、中国、ベトナム、タイ、バングラディシュの方々に接することが多い印象ですが、中にはカザフスタンなどの中央アジアの方もいらっしゃいました。また、アフリカの方もおられ、エチオピアやマラウイといった国の方もお出でになりました。欧米に関しては、ある程度は国名と地理的な面や歴史的な面を理解しておりましたが、恥ずかしながら、東南アジアやアフリカのそれに関しては、理解が及んでいませんでした。そもそも、マラウイはどこに位置しているのか等も知らないという状況で、この機会に勉強してみました。
また、太平洋戦争の激戦の一つであるインパール作戦の本を読んだ際にも、東南アジアの地理的な部分すら知らないことを自覚し、今回岩波文庫の『東南アジア史10講』を読んでおります。
かなり多くの民族が入り混じって、そこに中国的な文化・歴史の影響を受けていたり、インド的な影響を受けていたりして、一読しただけでは十分な理解を得られないことを悟りました。そこに加えて、18世紀、19世紀以降の欧米の植民地政策によって、さらに複雑な修飾をなされて、いっそう理解が難しくなっているように思われました。このことはアフリカ各国においても言えることではありましょう。そして、欧米植民地政策の歪みは今も尚、東南アジア、西アジア、アフリカ、中南米の現状に大きく影響していると思われます。欧米列強の帝国主義の尻馬に乗った大日本帝国時代の日本にも責任の一端があることは言い逃れは出来ないことであろうと思います。東、東南アジア、オセアニアでの日本の振る舞いが戦後80年経とうとしても今も尚、現地に色濃い爪痕を残していることを、我々日本人は忘れてはならないのだと思います。
また、東南アジアのことを勉強していると、アジア的な思考や宗教観が存在していることを再認識させてもらいました。19世紀の欧米の帝国主義以降、欧米的な思考や価値観が絶対的に正しいことという共通認識を持つに至り、そういった教育を受けてきました。キリスト教的な二元論に基づき、善悪や白黒をはっきりさせようとする姿勢は欧米で特に顕著な印象を持ちます。結果的に自分たちの思考と相いれないものは悪ということで、徹底的に叩こうとするようになります。従来のアジアでは、白黒をはっきりさせるという姿勢においては、もう少しあいまいであったように思われます。欧米的な薫陶の元で、世界中が敵味方を厳密に分けようとする姿勢が世界を危機にさらしている気がしてなりません。そういった意味でも、アジア的なあいまいさ、場合によっては混沌としているような思想を再評価してもいいのではないか、脱欧米的思想を目指してもいい時代なのではないかと考えております。

2021年12月10日(金)

 オミクロン株
投稿:長野央希
南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株Ο(オミクロン)株の報告があり、早くも日本でもナミビアからの入国者での感染が確認されたとの報道がありました。
南アフリカでは11/18頃から新型コロナ感染者数が急増してい行った模様ですから、二週間程度で、極東の日本にまで感染が拡大しつつあるというのは、確かに感染伝播速度としては速いと言えそうです。
ただ、基本的にウイルス側の立場では、自分たちの種の保存のため、いわゆる生き残り戦略の一環として、常に変異を繰り返していくのは当然であり、日々刻々と変異株が出現するのは当たり前なのではありますし、これからも変異を繰り返していくことも間違いのない事実であると言えます。
変異自体が、即座に人間にとって不利益になるというわけでもありません。仮に感染性が高まったとしても、重症化しやすくなるわけではありません。
報告を見ていると、今回のΟ株感染での症状は、頭痛や筋肉痛が主体で、呼吸器症状はそこまででもないような印象を受けますから、症状のみで言えば、季節性インフルエンザを想起させるものがあります。ただし、この件に関しても、もう少し症例数が増えてこないと確たることは言えないでしょう。
重症化率も、しばらく動向を注視していく必要があります。
Ο株に対しては、カクテル抗体療法の効果が弱いのではないかというような報道もありますが、それに関しても、正確な発表が待たれます。
ワクチンに関しては、例えばファイザー社は、二週間以内にワクチンの有効性に関しての報告をすると言っておりますので、その発表を待たねばなりません。
すなわち、現段階では、このΟ株は依然として、どういう性質なのかが正確には分かっていないのです。孫子の兵法の如く「己を知り、彼を知らば百戦危うからず」の通り、今は、敵であるΟ株がどういうものなのかをしっかりと分析する段階であると言えましょう。
相手が、どんなものかわからない状況で、むやみにパニックになることこそ、慎むべきことであります。一方で、政府が外国からの入国禁止政策をとっていることはやむを得ないとは思います。相手がどんなものか判然としない段階では、リスクマネージメントにおいては、最悪の事態を考えて対策を講じる必要があるからです。
いずれにしろ、現段階では、人々がデマに踊らされないこと、不要な差別などの愚行に走らないこと、冷静でいること、そして最も大事なのが正確な情報入手を心がけ、適切に恐れるべきことは恐れ、恐れるに足らないことには過剰に反応しないことを心がけていただきたいと思います。

2021年12月1日(水)

 外交的ボイコット
投稿:長野央希
北京開催の冬季オリンピックが間近となり、欧米の幾つかの国々が、ウイグルでの人権侵害を問題視して、外交的ボイコットを行う可能性を示唆しております。
しかし、何故今頃という感が否めません。そもそも、ウイグルでの問題は10年以上に及ぶ問題であったはずですし、殊に習近平体制となってから、民族浄化的政策が拍車をかけ、情勢の悪化に歯止めがきかなくなっていましたから、本来であれば、大分前から、世界各国が問題視して、中国政府に対して、強い姿勢で臨むべきであったはずなのです。
ほんの最近まで、西欧では中国の唱える一帯一路政策に乗っかろうとさえしていました。そういうこともあり、中国との関係を重視しすぎるあまりに、中国政府の機嫌を損ねないように配慮してきたように思われます。その結果が、ウイグルの悲惨な現状を助長してきたように思えてなりません。最近になり、一帯一路が、結局は中国にとってばかり都合が良いようなシステムであることを認識して、一気に中国への熱が冷めたという風にも取れます。そうして、可愛さ余って憎さ百倍という感じで、中国を攻撃することを考え、最も攻撃しやすいのが人権問題であるために、ここぞとばかりにウイグル問題を取り上げているように見えてしまいます。あくまで、外交的なカードの一つでしかないのでしょう。そもそも、白人諸国が植民地政策で、どれだけのひどい人権侵害を行ってきたかという歴史を見れば、彼らの人権的発言が、ときに白々しく見えてしまったり、極めて偽善的に聞こえてしまったりするのも事実です。ただ、かつての自分たちの愚行を反省して、改めようとしている姿勢は評価しなくてはならないとは思いますが。
そんな状況で、オリンピックへの外交的ボイコットというのが、どこまで有効な手立てなのかという疑問があります。確かに、中国という国は体面を気にする国ではありますので、参加国の首脳が、五輪の開閉会式に参加しないとなると、顔に泥を塗られたような気分になるという意味では、一定の効果はあるかもしれませんが、実質的には五輪への選手の派遣自体を中止して、結果的に五輪観戦のための集客が望めないというような状態にならない限り、あるいはスポンサーが軒並み五輪への支援を打ち切るというような経済的なダメージを負わせない限りは、中国にとってはさほどの痛手にはならないのではないかと危惧してしまいます。
日本が北京五輪に対して、どうかかわるかは、今後の政府の指針を注視していく必要がありますが、ウイグル問題を含め、尖閣問題や、南シナ海での問題など、様々な問題に対して、一貫した毅然とした態度をとるべきではあると思います。
一方で、ウイグル人は敬虔なイスラームでありますから、彼らの現在の苦境に対して、同じイスラームの信者たちが本来であれば、立ち上がらなくてはならないはずなのです。こういう状況でこそ、ジハードというものがなされるべきなのではないかと思います。中国に対抗する手立てがないということと、中国とうまく付き合っている方がうまみがあるということから、なかなかイスラームの中で、ウイグルを救おうという大きな動きにはつながっていっていないのが、とても残念に思えてなりません。
こうしてみると、ウイグルという深刻な問題は、結局は外交的な問題の中で、数多くある問題の一つでしかないというとらえ方をされているように見えます。
しかし、中国が行っているのは、ナチスが行ったホロコーストにも匹敵するような所業かもしれないのです。
各国政府が強い働きかけが出来ない状況で、世界の企業がウイグル産の綿花に対して不買運動を行っているのは中国に些少ながらダメージを与えられるでしょうし、そういう地道な努力を続けることで、中国政府に痛みを感じさせる必要があると思います。中国という国は経済的に好調だからこそ、現体制が強く国民に支持されているのであって、もし、経済的に不調に陥れば、国民の政府に対する支持が一気に失われる可能性があります。
また、ウイグルやチベットへの弾圧が高じれば、結局最終的には中国国民全体に対しての言論統制が強まることにつながるでしょうから、中国国民もウイグル問題を対岸の火事ととらえずに、明日は我が身になりえるという危機感を持っておく必要があるはずです。
現在、我々が行えることは、中国政府に対して経済的な圧力をかけることで、少なくともウイグル問題を今のまま続ければ、自分達にとって不利益になると理解させることなのだと思います。
いずれにしても、ウイグルやチベットや、中国国内の少数民族の方々が、少しでも早く、自分たちの自由を謳歌できる時代になることを強く願います。


2021年11月29日(月)

 業務連絡
投稿:長野 央希
インフルエンザワクチンに関してですが、追加発注できた分も、予約がいっぱいとなってしまいましたので、予約受付を終了させていただきました。
申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

2021年11月22日(月)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 最初 次のページ>>

現在3ページ目を表示しています











長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.