新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > ブログ


 北海道時代
投稿:長野央希
私は、地域医療や災害医療に興味があったため、医者5年目で赤十字病院に入職しました。地域派遣で、北海道の南部にある赤十字病院に勤めることになりました。そこは医療崩壊に片足を突っ込んでいるような病院で、医師の確保に汲々としている一方で、その地域に医療機関が少ないため、患者さんは多いという状況でした。入院担当患者数も常に30人近くおり、重症患者さんが数名いれば、5日連続で深夜に病院から呼び出され、徹夜のような状態が続いたりすることもありました。救急では、内地では関与しないような患者さんの診療に当たったりしました。馬にけられた馬外傷やクマに殴られた熊外傷、猟銃の暴発で顔面に重傷を負った人、自分で釣ったイカの生食でアニサキスが大量に寄生したケース(結局内視鏡で除去したアニサキスは13匹)等々。
そこで働いたことで、多くの経験をさせていただき、相当、肝がすわった気がします。
また、夜に赤ん坊が虐待でも受けてているんではないかというような声が聞こえたので、行ってみると、キタキツネと猫がけんかしていたり、夜に車を走らせていると、その前をエゾシカが3頭走り去っていったり、野良猫の集団にエサをねだられて、追いかけまわされたりという、貴重な経験もしました。
 また、とにかく食べ物は何でもおいしくて、近く海辺にあるお店でツブ貝を殻ごと買って、どんぶり飯で食べたりしましたし、野菜も何でも夢中になって食べるようなレベルでした。もともと苦手だった羊肉も、そこではまるで臭みもなく、こんなにうまいものなのかと食べたことが思い出されます。病院の医局にお歳暮でエゾシカの生ハムが届いたことがありましたが、他の医局員は気持ち悪がって食べない方もおられる一方で、自分は美味しくいただいておりました。
自分のいたところは海沿いで、北海道の南部と行くこともあり、冬場も雪は少なく、気温もマイナス10度まで行くことは稀な地域でしたので、なかなか住みやすかったと言えます。ただ、夏場が夜になると20℃を切るため、新潟のフェーン現象や東京、神奈川の連日の熱帯夜を経験してきたものとしては、とにかく夏の涼しさが堪えました。夏の間中、夏風邪のような状態で体調がすぐれないことが多かったです。
そこでの生活は、自分としては楽しかったですが、いかんせん仕事がハードで、この生活では身がもたないだろうと思える状態であることと、夏場の低温なことがネックとなり、翌年には埼玉県内の赤十字病院に異動することとなりました。
大変なことも多々ありましたが、今でも良い思い出になっております。


2020年7月11日(土)

 初心
投稿:長野央希
私は、もともと医者を志したのは、精神科医になりたかったからでした。
実際に、都内の精神科主体の総合病院で研修したりしておりましたが、精神疾患を診る精神科は数多おりますが、精神疾患を有する患者さんの身体疾患を診る医師が少ないことを痛感していました。殊に統合失調症の患者さんに対しては、医師といえども、偏見というか、苦手意識が内在している点は否めませんでした。確かに、精神状態によっては、検査や治療が遂行できないこともしばしばありますので、苦手意識を醸成しやすいのは事実ですが、そういった状況から、自分は精神疾患のある患者さんの身体管理のできる医者になろうと考えて、内科に転向したような過去があります。
内科に転向して、早、十数年経ちますが、当初の初心は忘れがちになります。どうしても、一般的な総合病院では、そういった初心を貫徹することは困難でありますが、開業を契機に、初心に戻った医療を行わねばならないなと、改めて感じております。

2020年7月9日(木)

 災害
投稿:長野央希
今現在、九州南部で大雨の被害が続いています。
熊本の球磨川流域での被害が大きいようですが、宮崎でも短時間で著しい雨量が認められたということで、被害が増大してくる恐れがあります。

 新潟では最近で言えば、中越地震、中越沖地震により大きな被害を受けました。その時、自分は都内で働いていたこともあり、かつ関越道が崩落したりして、交通もままならず、結局、現地で救護など役に立つことが出来ませんでした。当時、何ら手助けができなかったことにより、「同胞を裏切った た」という罪の意識と、悔しさが残りました。このことがあって、何か災害があったときには、少しでも役立ちたいという思いもあり、赤十字病院で働くことになりました。2011年に東北震災があった際には、自分は埼玉県内の赤十字病院にいましたが、3/13〜15と5月下旬の二回、赤十字の災害救護班として、宮城の石巻界隈、岩手の釜石界隈に行かせていただきました。
特に3/13の時点では災害発生直後ということもあり、甚大な被害を目のあたりし、また、目の前の患者さんの大きな苦痛の前で、途方に暮れそうになりながら、診療をしたことが思い出されます。自分の文章力ではとても表現しきれないような状況で、泣きそうになることもしばしばでした。
救護班として仕事をして感じたことは、自分の無力さでした。
新潟の震災で役に立てなかった分、東北では役に立ちたいという思いで行ったものの、結局、さして役に立てていないことで、一層罪悪感のような感情を抱きました。
だからこそ、今でも、被災地での救護活動に参加できる機会があれば、参加したい、そうすることで、これまで被災地で役に立てなかった分の後ろめたさを拭いたいという気持ちが強いのだと思われます。

日本は、元来災害の多い国であると言えます。加えて、地球の温暖化で、これまで以上な規模の台風や大雨が頻回にみられるようになっており、毎年、どこかしらの地域が被災地となっております。要するに、日本国内度声も、被災地になる恐れがあり、その備えが不可欠と言えます。

現在、熊本や鹿児島で避難所に避難されている方も多くいらっしゃると思います。
避難所では、上下水道も含めて、衛生状態を保つことが難しい場合もあり、腸炎などの感染の懸念もありますし、今年の場合は、新型コロナの問題もはらんでおります。避難所では思うように各人の距離も取れない状況が想定されますので、行政、医療者も、その点の対策に迫られると思われます。
一日でも早く、この水害が終結し、復旧・復興していくことを心から祈ります。

2020年7月6日(月)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

現在16ページ目を表示しています











長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.