新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > 地震


 プロ野球開幕
投稿:長野央希
あまり明るくないニュースの多い昨今ではありますが、今年も、いよいよ明後日からペナントレースが始まろうとしています。それに先んじて、昨年中止となってしまったセンバツ高校野球が始まり、連日の熱戦が繰り広げられています。やはり若者が真剣に一つ一つのプレーに全力を尽くす姿は、良いものだと思わされます。(とはいえ、平日に高校野球を見ているのが難しいのが残念ですが)
プロ野球も、高校球児に負けないような熱い、そしてこれぞプロと思わせるような美技を見せてほしいと思います。
さて、私が38年応援を続けている広島東洋カープですが、セリーグ3連覇を遂げてから、二年連続Bクラスという苦汁をなめさせられてきました。今年も、優勝まで手が届くのかというところではありますが、大瀬良、野村両投手が、昨年のような事態にならなければ、森下投手と三本柱として、ローテートが回せますので、それなりに投手力再建ができると思っています。個人的には床田投手に頑張ってほしいところではあります。また、昨年ドラフトで、投手ばかりをとりましたが、その中でも即戦力になりそうな人が複数いるのが、楽しみな所です。
左腕の先発で計算できる人材が欲しい(ジョンソンの穴を埋められるような)のと、中継ぎ・ストッパーで適材が出てくれることが優勝の絶対条件ではあろうと思います。
一方で、野手は色々と楽しみではあります。菊池、田中、相澤の後継者となりそうな若手も、徐々に台頭してきていますし、クロンという新外国人選手も日本の水にあいそうな気もします。堂林選手が昨年と同様の活躍をしてくれれば、かなり選手層の厚い打線も組めるでしょう。鈴木・西川がクリーンナップで成績を残せれば、中盤以降で不安の残る投手陣をバックアップできるでしょう。
また、広島らしさとして、守備力・機動力を向上させていただきたいと思います。昨年は菊池選手の無失策という信じがたいような記録もでましたが、他の選手たちも、厳しい練習を経て、鉄壁の守備陣を形成してもらいたいと思います。そして、機動力を発揮して、相手をひっかきまわし、打線が調子を落としていても、足で点をもぎ取るようなそつのない野球を展開していただきたいものです。
河田コーチが復帰されたのも心強いところですが、佐々岡監督が二年目を迎え、自分の色をどのように出していくのか注目です。投手出身ですから、投手王国再建を期待したいです。
後は、優勝していたころの黒田、新井のような心の支柱となれるベテランがいてくれると安心ではあり、長野選手辺りがそうなってくれるといいとは思っています。
少なくともAクラスには当たり前のようになれるチーム力はあると思います。
頑張れカープ

2021年3月24日(水)

<< 地震
2021.3.22
大相撲3月場所 >>
2021.3.26



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.