新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > 明日に架ける橋


 認知症の判定
投稿:長野央希
先日、顔写真で認知症の判定が可能となる旨の記事を読みました。
東京大学等のチームがまとめた報告で、AIを活用して顔写真によって認知症を判定する正答率が90%であったとのことです。この研究自体が「認知機能が低下した人は実年齢よりも高く見られる傾向がある」との先行研究を受けて企画されたもののようですが、とても面白い研究成果であろうと思います。認知症の診断というものは、案外に難しいもので、写真判定で検査が可能であれば、非常に簡便で安全性が高いと言えます。
勿論、認知症にも様々なタイプがありますので、アルツハイマー型なのか、脳血管性の者なのか、ピック病なのか等々、より詳しい病型までは判別は出来ないでしょうが、それでも認知症の早期発見が簡易にできるのであれば、とても大きな恩恵があろうと思います。

先述の通り、認知症も色々な病因があります。その中でも治療可能な物もあり、それが甲状腺機能低下症に伴う認知機能の低下です。この場合は甲状腺ホルモンの補充で、症状が改善します。また、その他の認知症も早期発見で、認知症の進行を遅らせる治療に結び付けることが可能となります。(残念ながら、現段階では、大半の認知症は治癒させることは出来ないですが)
認知症も考えようによっては、避けることのできない死への恐怖を認知症になることで軽減させられるという考え方もできるとは言えますが、周囲が介護によって疲弊してしまうことを避けつつ、本人の尊厳を保てるようにしていくことが、認知症治療の重要な所であろうと思います。
また、認知症を早期に把握することで、不幸な高齢者による自動車事故や、徘徊の上で行き倒れてしまうというような事件を未然に防ぐことが出来るようになるとすれば、本人にとっても家族にとっても、そして、社会にとっても極めてメリットが大きいと考えられますので、この写真判定の精度を高めていっていただければと願います。

2021年1月29日(金)

<< 明日に架ける橋
2021.1.25
緊急事態宣言などの話題 >>
2021.2.1



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.