新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > ダニ媒介感染症


 新型コロナの動向
投稿:長野央希
ここにきて、首都圏や大阪でのCOVID-19 PCR陽性者の増加が顕著となっております。都内では300人弱にまで増加し、以前働いていた埼玉県内でも50人を超えてきております。
基本的には検査件数の増加を反映しているものと考えられます。また、若者が陽性者の過半数を占めているような傾向があり、相当数が無症候性、もしくは軽症と思われます。更には、3〜4月の頃に比べ、重症化してしまうケースも減少しているような印象を受けます。
これは、COVID-19の重症化する傾向や重症化の機序がある程度、分かってきたため、早め早めに対応している賜物といえるかもしれません。
また、ウイルスが変異をして、毒性が弱まっていたりするのかという希望的な観測をしたくもなります。
こういった現状を踏まえ、陽性者の急増で、半狂乱になるのではなく、冷静さを保っていただきたいと思います。
陽性者や、新型コロナ患者の診療にあたるような医療機関を、罪人のように見なすことは厳に控えなければならないと言えます。
一方で、まだまだ、今後の展望は見えてはこないのも事実です。
夏場になり、コロナは終息するという希望的見通しは、もろくも崩れ去っています。
ワクチンやアビガンなどの治療薬に期待する声も聞かれましたが、アビガンは現段階では有効性が結局証明されていません。(実際、自分も使用し手経験から、本当に効いたのか、患者さんの自然免疫で、自然と快方に向かったのか判然としない症例が多かったのは事実です。)
いずれにしても、タミフルやイナビルのような抗インフルエンザ薬のような効き目は期待すべきではないといえましょう。
では、今後抗コロナ薬が開発されるのかどうかですが、どこまで期待できるのか何とも言えないと思います。そもそも、コロナウイルスは感冒(風邪)を引き起こすウイルスの代表の一つと言えますが、残念ながら、感冒を起こすウイルス群に対しては、あまり研究が進んでいないのが現状であり、もし、コロナへの特効薬ができたとすれば、相当に画期的な出来事と言えますが、とてもすぐに開発できるとは考えにくいように思えます。
ワクチンも果たして終生免疫につながるのかどうか、まだ、分からないことだらけであり、自分としてはやや懐疑的にとらえております。
しかし、マイナス面ばかりをみて、周囲を敵視していても、何ら建設的ではないですし、こういった時世ですので、周囲と強調し、少しでもポジティブに社会との連帯を強める必要があるのではないでしょうか?


2020年7月18日(土)

<< 情報の取捨選択
2020.7.15
ダニ媒介感染症 >>
2020.7.22



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.