新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > 高齢者ドライバーの件


 トランプ氏
投稿:長野央希
トランプ大統領が退院したとのことです。
未承認のカクテル抗体療法を行ったり、レムデシビルを投与したりしている中で、SpO2の低下を認めたため、デキサメタゾンによると見られるステロイド療法を行ったとの由。ステロイドにより、当然解熱するでしょうし、呼吸状態も改善はしたでしょう。そういった病状の一時的な回復を認めたためか、外出までしておりました。これ自体、政府の方針をトップ自らが破っていることになりますし、ウイルスの排出量も多いような状況での外出という行動に良識を疑います。(もっとも、以前から彼に良識があるとは思っていませんでしたが)選挙で不利な現状を打破するために、一刻も早く選挙活動に戻りたいという焦りがあるのでしょうが、正直なところ、許されざる行為だと思います。コロナウイルスは、確かに風邪を引き起こす代表的なウイルスであり、そういう意味で風邪として軽視しきっているのでしょうが、米国では実際に20万を超えるコロナによる死者が出ております。これは、トランプ政権の無為無策というよりは、無関心、無知から適切な対応が取る気がなかったからに他ならないと言わざるを得ません。風邪の範疇を大きく逸脱している国家状況で、ホワイトハウス自体がクラスターと言える環境となっており、その責任はトップにあると言えます。感染防御をしっかり行っているとはいえ、自分の政治活動のために巻き込まれる運転手やエスピーといった人たちに感染が波及した場合、大統領はどのように責任を取るつもりなのでしょうか?米国は、曲がりなりにも民主国家であり、専制国家ではありません。国のトップのために、国民の命がないがしろにされるべき国家体制ではないことを、トランプ氏は理解しているのでしょうか?彼が、高い支持率を維持してきたことも、自分にとっては大きな謎でした。彼の対中政策があるからこそ、アジアの平和が保てているという論調を唱える人がいますが、甚だ疑問です。彼の政策(政策と言っていいのか分かりませんが)は、仮想敵国を作って、それと対決して、勝っているというアピールをする、いわゆる分かりやすい構図で大衆を扇動しているのだと思います。勿論勝っているというのは、本人がただ言い張っているだけに過ぎないのですが、だまされる人は騙されるのでしょう。米国のプロレスのWWEのように、傍から見ても分かりやすい抗争を勃発させて、民衆に面白そうに感じさせることには成功しておりますが、全く実がないと思います。
いずれにしろ、今回の一時外出の一事をとっても、彼の頭には選挙に勝つ以外のことはなく、国民に奉仕する、米国の未来に資するなどの意識が欠けていることを如実に示しているのだろうと思われます。
バイデン氏が良いのかは分かりませんが、少なくともトランプ氏が大統領として、ひいては国民一個人としての資質に大きな疑問を感じてしまいます。

2020年10月6日(火)

<< 最近のコロナの話題
2020.10.5
高齢者ドライバーの件 >>
2020.10.9



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.