新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > オズウイルス


 オズウイルス
投稿:長野 央希
昨年2022年初夏にウイルス性心筋炎で亡くなった茨城県の70代女性からオズウイルスが検出されたという報道を見ました。
正直なところ、このオズウイルスというウイルスをこれまで聞いたことがなく、国立感染研究所のHPで勉強させてもらいました。
このウイルスは2018年に新たに分離同定されたものとのことです。
しかも、現在の所、日本以外では同定されたことがなく、しかも、この亡くなられた女性が世界初のヒト感染の報告例であるとのことです。
オズウイルスというのはオルソミクソウイルス科トゴトウイルス属で、基本的にはマダニやヒメマダニを媒介動物として、脊椎動物に伝播するようです。
トゴトウイルス属の中には、Bourbon virus(BRBV),Dhori virus(DHOV),
Thogoto virus(THOV)といったものがあり、前2者は脳炎や髄膜炎を惹起させているという報告が有り、後者は急性骨髄抑制を引き起こしたとのことです。
マダニ媒介の感染症で言えば、従来有名なものとしては、ツツガムシや日本紅斑熱(リケッチャ感染症)や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルス感染症が挙げられます。SFTSは依然として、重症化リスク、致死率とも侮れないものがあります。ただし、現段階では、西日本が主体であります。ただ、今後は温暖化が進めば、新潟であろうと東北であろうと感染地域が拡大していく恐れがあります。
いずれにしろ、マダニに咬まれた場合に重症感染症を発症する可能性があると言うことは認識しておく必要があります。
これから、夏場にかけ肌の露出も増え、山や森林などの自然の豊かな場所に行く機会も増えていきますから、マダニへの意識も忘れないようにしていただければと思います。
私も、山歩きをしますが、以前は暑くて半袖短パンという出で立ちであったことはあります。しかし、一度ウルシの木に知らずに接触して、腕が広範囲にかぶれたことが有り、ひどい目に遭いました。それ以降は極力肌を出さないようにしています。
マダニの多いような地域では、くれぐれも露出を減らし、帰宅したら、早めにシャワーを浴びるなどのことに気をつけいただきたいと思います。

2023年6月23日(金)

<< 北別府さんの御冥福をお祈り致します。
2023.6.16
胃腸炎 >>
2023.6.29



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.