新潟市西区五十嵐の内科 長野医院 健康に関するお悩みはお気軽にご相談ください。
ホーム > 猛暑


 コロナ禍
投稿:長野央希
東京五輪が始まってから、着実にコロナ感染者数が増加してきております。
都内では遂に一日感染者数が5000人を超えるに至りました。新潟県内でも、一日感染者数が最多を更新しています。感染者が増加することは、五輪を行うにあたって、完全に予想できていたことではあります。
一方では五輪に関しては、連日の熱戦が繰り広げられております。私も基本的には五輪開催には反対ではありましたが、いざ始まると、選手たちのひたむきな姿勢に感動したり、メダル授与式での日本の国歌斉唱で、無性に涙がこぼれたりしております。IOCや政府の打算や政治的駆け引きと、選手たちの頑張りはまるで別ものであって、スポーツのすばらしさを改めて実感しているような状況です。

コロナ関連の話題では,菅首相の肝いり?なのかカクテル抗体療法に期待をかけているようではあります。しかし、事はそう単純にはいかないであろうと思われます。確かに、抗体療法は効果は期待できると思います。エボラ出血熱でも、患者血清からの抗体治療が有効でありますから、新型コロナに対しても抗体療法は有用であります。ただし、この治療を行って、有効な時期と有効でない時期があることを理解しておく必要があります。
新型コロナ感染症は、大まかに言って、二つの時期に分かれます。
前半はウイルスが増殖していく過程で、後半はウイルスに対する免疫反応が増強していく過程となります。このカクテル抗体療法は、前半のウイルス増殖期でないと有効ではありません。呼吸状態が悪化して酸素を要するような状況になりやすいのは、後期の免疫応答の時期になりますから、酸素投与を要するような時期には、既に効果が弱いということになります。
つまり、自宅やホテル療養を行い始めた時期でないと、効果に乏しいという話になるのです。しかも、大半のコロナ感染の場合は、いわゆる風邪のような状態で、カクテル療法を要するものではないということも言えます。基礎疾患があり、新型コロナ感染による重症化リスクが高い人を選別して、この治療を行うということになるでしょう。ただ、抗体療法では、インフュージョンリアクションというような血圧低下や高熱、時にはアナフィラキシー様の副作用が出る可能性がありますので、はたして自宅などでの点滴治療による安全性の担保が図れるのかという問題も考える必要があると思われます。
また、抗体療法は高額であります。そういう意味でも、誰もかれも使用するという流れになりえないと考えられます。そんなことをすれば、医療費だけで日本の財政に大きなダメージを与えることになりかねません。
以上のような点で、菅首相の思惑の様に行くのか、甚だ疑問が残ると言えます。
現状を考えると、都内での感染者はワクチン未接種の若者で急増しているようですから、いかに若者のワクチン接種を迅速に進められるかが重要になっていると思われます。確かにワクチン接種の効果は絶対ではありませんが、インフルエンザワクチンと同様、感染した場合でも重症化を抑制できるという効果は期待できます。手をこまねいている時間があれば、ワクチン事業を粛々と進める他、我々小さい医療機関にはやれることがありませんので、何とか、新潟市もワクチンの供給が安定してくれることを切に願う毎日です。

2021年8月6日(金)

<< 猛暑
2021.8.3
業務連絡 >>
2021.8.9



はじめのページに戻る



長野医院
〒950-2101 新潟県新潟市西区五十嵐1-6448
025-260-5921

Copyright (c) Nagano Clinic All Rights Reserved.